毛抜で体毛処理するのでしたら

投稿者: | 2016年10月14日

自分自身でおこなえるむだ毛処理のし方は様々存在しているのですが、ぬいて毛をぬくという者も多いと聞きます。むだ毛を抜いて処理するさいには、どういった箇所に用心するといいでしょうか。

毛を毛抜で処置していると、お肌がうつくしくかんじることでしょうね。毛細血管にきずをつけてしまう場合や、皮ふ炎の起因となる場合もあるので、皮ふに毀傷をかけずに除毛をおこなっているという事なんです。

毛穴にぷつぷつとした部分が現れたり、皮ふにヒリヒリが増加する様になると、肌がトラブルを起こすかもしれないのですよ。毛を抜いた時、毛根がひっぱられてヨコになってしまうと、体毛の先が肌のおもてに出てこないで肌の中に埋まって成長してく埋没毛も起こりやすくなるのです。

自宅では電気脱毛器を利用して毛処理をしている場合には、頭部分を皮膚にくっ付けてムダ毛を引っこ抜くようにしていくんです。前から、3ミリ程度無駄毛を余して切っておくことで、ムダ毛の除去がしやすくなります。

除毛テープでムダ毛を抜くという様なし方も存在するのですよ。除去するところのむだ毛の方向性をそろえて、除毛テープを貼りつける際にオーバーなエアーがはいらないようにします。濡れた肌にかんし除毛シールの粘着力が減少する為、手さばきには気にかけましょう。除毛テープで大まかな毛の除毛を行い、ぬけなかった部分は毛抜きでお手入れしましょうね。

ワックスをぬる脱毛方法もあるんです。脱毛前に、毛は5ミリくらいのながさにととのえておきましょう。除毛したのち皮膚がかゆくしてしまったりしたらお肌を冷却して尻拭いを行いましょう。お家でピンセットで抜いて毛お手入れをする場合にお肌の容態に十二分降らぬ先の傘事が肝心です。